更年期障害・ホルモンバランスの崩れ2010/11/03 19:30

更年期障害やホルモンバランスの崩れにより、突然の発汗・ほてり・動悸・情緒不安定などの精神的な症状が現れることがあります。お血(おけつ)という血の流れの悪い状態は症状の悪化に関係しています。自然の生薬を用いた漢方処方はホルモン療法に比較して穏やかですが、バランスを保てるように体全体の流れを改善していきます。漢方薬は、ホルモン剤を用いた時のような辛い副作用もなく、お血の改善もできて美肌効果もあるため、更年期症状が重い方にはもちろん、軽い症状の方にとっても大変魅力的な方法です。

国分寺のスカイツリー2010/11/06 14:00

欄干のスカイツリー
都立武蔵国分寺公園のふれあい橋から建設中の東京スカイツリーが見えると話題になっています。先日見に行ったら本当でした。下を走る多喜窪通り(都道145号立川国分寺線)の街路樹のラインがぴったりスカイツリーを切り取ってくれています。橋の東側の欄干に目印 (!) があるのでわかりやすいです。明日は国分寺まつりなので、知名度さらにアップですね。

数年前には国分寺市からの富士として光町のもみじ公園とともに関東の富士見百景にも選ばれた場所ですが、残念ながら現在は富士山のほんの一部が見えるだけです。多摩総合医療センター・小児総合医療センターと引き換えに失った物は少なくない、でしょうね。

寒くなってまいりました。周辺の自治体でもインフルエンザの患者さんが目立ってきたようです。体調にご注意ください。

高血圧2010/11/26 10:39

寒くなってきました。血圧の高い方はお気をつけください。食生活に気をつけたり睡眠を十分にとり、毎日を元気に過ごしましょう。血圧が高いという状態は動脈硬化などを悪化させていきます。頭痛やふらつき・めまいが起こったりした場合には無関心ではいられませんが、そうでない場合にはつい忘れがちになりやすいものです。しかし、この状態は放っておいてもなかなか改善することは少なく、いずれ血栓ができやすくなったり出血しやすくなったりして命にかかわっていきますので、未然に改善すると良い疾患の一つです。血圧降下剤を長年にわたり服用している方も多いと思いますが、やはり西洋薬の副作用は切り離すことができません。血管をお掃除するような漢方薬を個々に応じて服用していますと、だんだんと血圧が安定していきます。西洋薬を服用しなくても良いくらいになっていく人もいます。

風邪の中後期症状には2010/11/27 10:00

風邪の初期から次第に症状が進行して、咳や鼻水・食欲不振・倦怠感・微熱などがあるような時には、柴胡剤を用いる症状になってきます(中後期症状)。小柴胡湯はその代表的なものですが、主薬は柴胡です。この柴胡は品質がかなり異なっていまして、柴胡サポニンが多く香りが良いもの(昔は品質のよい三島柴胡の天然物があったようですが現在は栽培品です)から、香りのあまりないものなどいろいろです。効果はそれによってかなり異なってきてしまうようです。良いものを的確に用いると効果はすぐにでてきます。風邪を長引かせないためにも、良いものを短期間服用した方が体にとって有益です。風邪は万病のもとです。気をつけましょう。