血圧の変動2017/03/17 19:50

今の季節、注意していただきたいのは血圧の変動です。普段血圧が130から140 であっても急に180から200になる事があります。頭痛、ふらふら感、めまい、ともすると脳梗塞を起こします。

個人個人にあった血管のお掃除をするような漢方薬を服用すると、血圧は下がり安定していきます。人によりますが、早くて服用後2ヶ月目くらいから効いてきます。転ばぬ先の杖というとおり、倒れないうちに予防できるのが漢方薬です。

むくみ、体重の増加について2016/06/24 17:53

食事量は特に変わっていないのに、体重が急に増えた。むくみがある。手足が腫れている、あるいはこわばっている感じがする。しびれや冷えがある。めまいや立ちくらみがする。おしっこの量が減った、あるいは増えた。喉や口が乾いて、水分をよく取る。だるい、睡眠が良くとれない。動悸がする。

それぞれいろいろな原因があると思いますが、どこか調子が悪いところがあるはずです。

この場合、共通しているのは体内の水分代謝が悪い、あるいはそれに伴っているということです。原因は腎機能の低下かもしれませんし、ストレスや精神的な要因で血流が悪化しているためかもしれません。

いずれにしても、漢方薬で全体を改善しませんか。水分代謝が悪い状態を放置しておくと、熱中症の危険も高まります。

血圧の変動、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞2014/11/20 16:18

寒くなってきました。昼間と夜間の寒暖差も大きいので、血圧も変動しやすい季節です。 普段から体調を整えておきたいものです。

瘀血(血液の流れが悪い状態)がある時にはそちらを改善しましょう。既に血圧が高くてお薬を服用されている場合、血糖値が高い場合などでは、血管の動脈硬化が起こっているかもしれません(動脈硬化は血管の柔軟性が低下するため、血圧変動に弱くなり、出血しやすくなります。)身体の老廃物をお掃除して、動脈硬化を改善しましょう。

自分の身体の状態を把握して未然に病気を予防するために、漢方薬を有効に利用していきませんか?3ヶ月位すると身体が軽く感じるようになるのではないでしょうか。

目について2012/10/29 21:28

目は心の窓、目は口ほどにものを言うなどといいますが、目は心身の状態をよく反映します。元気がないとか疲れているという状態は傍から見ていてもわかりますし、病気と関連して目に症状があらわれることもあります。

腎機能が悪くなってものもらいが続くことや、お血が原因で目の縁が赤くなったり結膜炎が治らないこともあります。ドライアイや、逆に涙が止まらないという症状は、水の偏在が目に表れているものです(このような時には、目だけでなく口や体全体にも影響がでていることがあります)。

漢方薬で目を良くすることは体全体を良くすることに通じます。

突然死を防ごう2012/05/08 16:30

突然死が増えています。特に心臓が悪いわけではなく健康診断でも異常がないのに、ある日突然にという事も多いようです。原因は心筋梗塞などの心臓病、脳血管障害などがあります。病気と診断されない程度であっても、そこにストレスや動脈硬化などが加わり、血液の流れが悪くなり血栓ができることが大きな原因です。

動脈硬化やストレス等は日常生活で気がつきにくいこともあるので、このようにある日突然にということになってしまうのでしょうか。このような未病(まだ病気で無い状態)を防ぐには漢方薬が一番です。血流を改善しておく事やストレスに負けない心身にする事など、改善をしてみませんか?ご相談ください。