煎じ薬とエキス剤2017/07/23 13:26

漢方薬には剤形の違いで、煎じ薬、丸薬、散薬、エキス剤などがあります。同一処方でも、その漢方薬を構成している生薬の質(産地によって味、香り、効能の良否があります)で効果は大きく異なります。よって、どのような生薬を用いるかによって、効くか効かないかの違いが生じます。

同一処方の比較で言えることは、煎じ薬で効果がなくエキス剤で効果があった例はありあせん。逆にエキス剤で効果がなく煎じ薬で速効を得た例は数多くあります。

漢方薬のエキス剤を飲んでみたけれど効果がよくわからないという時には、煎じ薬を服用してみることをお勧めいたします。

胃腸の機能を高める2017/07/20 21:12

暑い毎日が続いています。お腹の具合は大丈夫でしょうか?

熱中症の予防で水分を取り過ぎて、逆に胃腸障害を起こしていませんか?冷房に当たる時間が多くなり、冷えてお腹の具合が悪いということもあります。漢方薬で胃腸の機能を高めて、夏バテから開放されましょう。また、日頃から胃腸の弱い方は、この時期は特に注意しましょう。

胃腸は食べ物、病原菌などが通過するということもあり、免役細胞の半数以上が胃腸に集中しています。漢方薬で胃腸の機能を改善しておくと、免役力もあがり、疲れにくくなります。また、冷えの改善や肌のトラブルも防ぎ、美肌効果もあります。

熱中症など、この時期の対策2017/06/13 13:47

蒸し暑い日が増えてまいりました。最近は昼間は暑く夜は寒いといった日も多いので体調を崩している方もいらっしゃると思います。長引いているようでしたら、ご相談ください。

最近は、熱中症にかからないようにと水分を多く取る習慣があり、逆に取り過ぎてしまうことも多く見られます。摂り過ぎると胃腸の働きも低下してしまい、元気が失われてしまいますので、お気をつけ下さい。めまい、吐き気、下痢、むくみ、たちくらみ、頭痛など水毒による症状が出やすくなります。

逆に水分が不足しますと、熱中症症状が出やすくなりますのでご注意ください。熱中症は熱が体内にこもり、頭痛・吐き気・意識障害などを起こして大変危険です。調子悪いな、と感じたらすぐに涼しい場所に移動して、水分を補給し体を冷やしましょう。

細胞内の水分が足りているのか不足しているのかは、なかなかわからないものです。漢方薬は、細胞内の水分が少ないときには蓄え、多い時には排泄してくれるようなものがありますので、外出時やこれから暑くなって心配な時、激しい運動をする時などには飲んでおくと安心です。

ご相談ください。

血圧の変動2017/03/17 19:50

今の季節、注意していただきたいのは血圧の変動です。普段血圧が130から140 であっても急に180から200になる事があります。頭痛、ふらふら感、めまい、ともすると脳梗塞を起こします。

個人個人にあった血管のお掃除をするような漢方薬を服用すると、血圧は下がり安定していきます。人によりますが、早くて服用後2ヶ月目くらいから効いてきます。転ばぬ先の杖というとおり、倒れないうちに予防できるのが漢方薬です。

感染性胃腸炎2016/12/22 12:58

感染性胃腸炎が流行っています。 嘔吐下痢に大変有効なのが、漢方薬です。それぞれの症状に合わせて、素早く対処したいですね。

「十数年ほど前になりますが、年末の忙しい時期に急性胃腸炎になり、すぐに家族に漢方薬を買ってきてもらいました。開いている薬局を探すのが大変でした。」

かかる前に準備しておくと最適ですが、かかってからでも漢方薬があることを思い出していただけたらと思います。うがい、手洗いなどは大切ですね。 睡眠、食事にも注意しましょう。疲労がたまっていても忙しくて気がつかない、あるいはほっておくと、いろいろな感染症にかかりやすくなります。

元気に新年を迎える準備をしましょう。