更年期障害 〜関節痛、筋肉痛、五十肩に関連して〜2016/10/22 11:55

ホルモンバランスの乱れでいろいろな症状として現れます。発汗、ほてり、足の冷えとのぼせ、動悸などが出てくれば、自分はそろそろ更年期かしらと思うのかもしれません。しかし、時には手のこわばり、全身のこわばり、関節や肩の痛み、首の凝りや頭痛、血流の悪化など、別の病気を疑うような症状として出ることもあります。関節痛や肩こり、五十肩や四十肩もその一つではないでしょうか?漢方薬で原因不明の痛みや不快症状から早く解放されたいものですね。

症例1:もともと腰痛があったが、ここ数ヶ月ひどくなり次第に手のこわばりなども出現。全身が固まりやすくなりあちらこちらが痛むようになった。漢方薬約1ヶ月で次第に改善。

症例2:10cm以上ある筋腫を手術してから、しばらくは良かったが、次第に手のこわばりが出現。車の運転など同じ姿勢をとっていると全身が固まってしまう。漢方薬の服用で改善。

症例3:手に力が入らなくなってきて、そのうち全身の筋肉が動かしづらくなった。歩く時も気をつけていないと人にぶつかりそうになる。その他はどこも異常なし。約2ヶ月で次第に改善。

症例4:はじめは朝起きる時に手がこわばる。起きてしばらくすると改善する。約1年後、首の凝りが悪化しはじめた。運動をするとそのまま筋肉痛が悪化し、手が動かしずらくなる。(運動後のストレッチ体操も大切であっただろう)朝起きようとすると全身がこわばり、階段をさっさと降りられない。五十肩様症状が出現。健康診断で血流測定を行なったところ、年齢より15才ほど悪化していた。腎機能は正常。血糖値、コレステロール値がやや悪化するも特に異常なし。服用後、可動範囲が改善してきた。服用継続中。

女性だけでなく、さらには年齢に関係なく、急に手足が動かしづらくなったとか肩こりがひどくなったなど気になる症状が出た場合には、どこかに原因があるはずです。ひどくなる前に早めにご相談ください。

ストレスは大敵2016/01/31 12:21

寒い毎日ですね。ストレスで身体が硬くなっていませんか?ストレスは大敵ですので、お風呂にゆっくりつかる、ストレッチやマッサージ、運動を積極的におこなうなど心がけて、良い睡眠がとれるようにしたいですね。

ストレスが原因と思われる血流の悪化で卵巣の腫れがひどくなっていった方の例を、過去のブログから紹介します。

体全体の調子があまりすぐれず、生理のたびに寝込みがちです。卵巣の腫れがもっとひどくなれば手術が必要と言われ、病院のホルモン治療を始めましたが、同時に漢方薬の服用を開始したところ、よく眠れるようになり、お腹のはりも減り、めまいや頭痛もなくなって、体調も良くなっていきました。それと同時に、卵巣の腫れはかなり小さくなりました。頸椎症なども一緒に改善されました。

ストレスはこのような疾患の一原因ともなり、症状を悪化させてしまうこともあります。体全体をみて良い状態を維持していくことが大事です。

冷えの症例2015/12/06 12:28

冷えの症例①
冷える、お腹がはる、アレルギーが出る。冬は湯たんぽが欠かせず、肩まわりが冷える。水仕事をすると、手が赤く蕁麻疹のようになる。冷えるとガスが溜まって苦しい。自律神経の乱れではないかと思って漢方薬の服用を始めた。まもなくお腹の張りはなくなり、冷えも徐々に改善した。毎年花粉の時期になると、アレルギー症状がひどくなり鼻水もひどかったのだが、今年は病院の薬を飲まなくて済んだ。このように、冷えの改善で花粉症が楽になることは良くあります。

冷えの症例②
小さい頃から冷えがあり、成人後もずっと顔色が悪い。漢方薬を服用し始めて徐々に顔色に赤みがさしはじめた。これは、今までに初めての事。体調も良く元気になる。約3ヶ月服用して休薬したが、その後も症状は良い。

冷えの症例③
毎週数回は運動をしていて食事にも気をつけているが、手足の冷えがひどく、上半身にはのぼせがある。夏でも靴下はかかせない。冬は湯たんぽがかかせない。漢方薬を服用しはじめて、手足に赤みがさしはじめた。布団の中ですぐに温まるようになった。夏は靴下なしで眠れる。

冷えといってもそれぞれ原因や症状はいろいろです。上の3例はすべて違う漢方薬で改善した例です。

貧血2014/09/21 13:11

食生活の乱れからくる貧血が気になります。忙しくて食事を取る時間がない、栄養バランスを考えた食事を作る時間が無い、一人暮らしで作るのも食べるのも面倒、などいろいろな理由があるでしょうけれども、しっかりとバランスの良い食事を心がけましょう。

貧血が起こると、顔色は青白くなり、疲労感、めまい、動悸、頭痛、耳鳴り、息切れ、眠気、考えがまとまらないなどの症状が出ます。血液検査でヘモグロビン値が正常と言われても、潜在性の貧血であることもあります。

貧血には、食事をしっかり摂らないことによる鉄分の摂取不足や、胃腸が悪くて鉄分や栄養の吸収が悪くなって起こるもの、身体の何処かで出血していて起こるもの、造血機能が低下していて起こるもの、他に病気があって起こるものなど、いろいろな原因があります。これらの原因や体質により貧血を改善していく漢方薬でしっかりと治していきましょう。

また、日頃激しい運動をする方は貧血になりやすく、これを改善することで疲労が取れやすくなり、運動能力の向上も期待できます。貧血のひどい時や食事で鉄分が不足している時などに服用できるドリンクもあります。

膿疱や粉瘤(脂肪の塊)など2012/05/14 14:20

10年ほど前に膿が溜まり皮膚科の薬や塗り薬でおさまるが、固いしこりが残り年に1度くらい膿が出る。今回は別の所も赤く腫れてきたため漢方薬の服用を開始した。約2週間服用後、新しい箇所の腫れや痛みはひいてきた。同時に今まであったしこりまで小さくなった。

別の方の例ですが、15年ほど前に胸にしこりができて押したところなかから白い脂肪のようなものが出た。乳がん健診を受け脂肪であるといわれ、悪性でないのでそのままにしていた。その後ずっとしこりは残っていた。最近になってある時押していたらそのしこりが大きくなってしまい、心配になり漢方薬を飲み始めた。20日ほど服用してその後すっかり忘れていたが、気がつくとしこりが消えていた。