認知症、パーキンソン病、うつ病2017/08/28 21:55

いろいろ検査をしてもなかなか納得のいく診断がつかないこともあり、その間に悪い方へ進行してしまうこともあります。少しでもおかしいなと気がついたら、早めに漢方薬を服薬してみてはいかがでしょうか?自分でおかしいな、なんとかしなければと気がつくことが一番ですが、家族が先に気がつくこともあります。早く手を打つことができるのも漢方薬の良い点です。

症例1
90歳代男性。3ヶ月前位からたまに朝の6時と夕方の6時を間違えるようになった。その後は普通であったが、睡眠薬を服用しているせいか、最近になって昼間も寝ていることが多くなった。朝の散歩にもほとんど行こうとしない。夕方になるとめまいがひどくなり横になるが、イライラすることが多くなった。電話を受けても忘れてしまったり、洋服を2〜3枚重ね着したり、袖に足を入れようとしたり、行動に異常が見られるようになった。今までは穏やかな性格であったのが、この頃から暴言をはいたり、乱暴したりする事もでてきた。そこで2種類の漢方薬を1日2回ずつ交互に(計1日4回)服用開始したところ、すぐに効果をあらわれ、10日ほどの服用で異常な行動はなくなり、夕方の発作も軽くなった。その後も服用を続けると、今まで悩まされていためまいもほとんど無くなった。

症例2
70歳代男性。もともと尿酸値が高く、血圧もやや高めだった。約4年前に心臓のバイパス手術を受けると同時に退職。家で過ごすことが多くなり、テレビばかり見ているようになった。その後、ぼ〜っとすることが多くなり、2年程前には小刻みな歩行や、ストレスで手の震えが起こるようになった。今年5月になって近所の病院にかかると、MRIでは正常であったが、認知症かもしれないと言われ、ショックを受けたためか帰宅後尿を漏らした。その後ますます症状は悪化し、自分で歩くことができなくなった。おむつをするようになり、介護も大変で奥様も体調不良になった。8月に入りあれこれ検査をしたが、なかなか診断がつかず、症状は悪化したままであった。介護の手伝いにきていた親戚の勧めで、漢方薬を飲み始めたところ、ひざ下の冷えがみるみる改善し、ぽかぽかと温かくなった。少しからだを動かすこともできるようになった。なにより、日中昏睡状態のように寝ていたのが、日中眠らなくなり、目がキラキラしてきたようである。8月の検査の結果はまだ出ていないが、症状は少し改善してきている。

ご家族がおかしいなと気づいてからなるべく早い時期に服用開始しますと、より即効性が期待できます。

むくみ、体重の増加について2016/06/24 17:53

食事量は特に変わっていないのに、体重が急に増えた。むくみがある。手足が腫れている、あるいはこわばっている感じがする。しびれや冷えがある。めまいや立ちくらみがする。おしっこの量が減った、あるいは増えた。喉や口が乾いて、水分をよく取る。だるい、睡眠が良くとれない。動悸がする。

それぞれいろいろな原因があると思いますが、どこか調子が悪いところがあるはずです。

この場合、共通しているのは体内の水分代謝が悪い、あるいはそれに伴っているということです。原因は腎機能の低下かもしれませんし、ストレスや精神的な要因で血流が悪化しているためかもしれません。

いずれにしても、漢方薬で全体を改善しませんか。水分代謝が悪い状態を放置しておくと、熱中症の危険も高まります。

連休のお知らせ2016/04/23 02:51

4月29日(金)から5月8日(日)までお休みいたします。ご迷惑をおかけします。 何かございましたら、メールあるいは留守電にメッセージをお願いいたします。

うつ病2016/04/23 02:23

いろいろなストレスから発症する事が多い病気です。心身に不調をきたすのですが、症状の現れ方は人それぞれです。例えば、表情が暗く元気がない、涙もろい、眠れない、身体がだるい、疲れやすい、仕事の能率が低下しミスが増える、集中できない、趣味や外出を嫌う、好きなこともやりたくない、飲酒量が増える、気分が沈む、物事を悪い方に考える、食欲がない、胃腸の不具合がある、頭痛がする、動悸やめまいがするなど、思い当たる節はありませんか?

本人が気づいていないこともよくあります。身近にいる方も気づかないうちに症状が進行してしまっていることもあります。また、この病気は一瞬の気の迷い?から、自殺へと行動してしまう怖い面も持っています。

今のストレス社会では多くの方がかかりやすい病気の一つです。うつ病は心の病気といわれますが、脳の病気でもあります。脳の伝達がコントロールできてくると回復できるわけです。漢方薬を服用していますと、自分の意思とは無関係に自然にこれらの流れを改善して調節機能をもとに戻していくことができるのでいつの間にか症状が消えていくのです。
 
漢方薬をしっかり継続して飲んでいても、調子の悪い時と良い時がありますが、次第に自分の調節機能が整うようになると悪い時が少なくなっていきます。症状も軽くなっていきます。完治するまでは頑張ることをお勧めします。

ストレス2016/04/14 16:45

4月に入り、環境の変化が多い時期です。ストレスをためないように食事と睡眠はしっかりとるようにしたいですね。心身の調子が良い時にはストレスをすぐに跳ね返すことができますが、個人にとって過度のものであったり長期にわたるものですと、自律神経などの乱れが多くなり不調も多くなります。心身症、うつ状態、自律神経失調症などといわれることもあります。漢方薬はそのような症状の改善に対しても高い効果があります。眠りが浅い、疲労が残るなどありましたら、調子を崩す前に早めにお試しください。